不動産を売買する方法

いらない不動産を売却したい!どこでどうやって売却をすればよいのか。その方法とは? - 不動産を売買する方法

不動産を売買する方法

uykuf
不動産を売買する方法は、やはり一般素人で把握している方は少ないと言わざるを得ません。
不動産を売却したい場合、選択するのは、仲介か買取かの二つだと言われています。
どちらの方法も、不動産会社が査定することになるのですが、その方法は違っていることを覚えておくべきでしょう。
ここでは不動産を売買する方法である仲介と買取について紹介していきましょう。

仲介の主な流れ

仲介というのは、その名からも分かる通り、不動産会社があなたの代わりに不動産を購入したいという人間、もしくは企業などを探すという方法です。
インターネットや専門誌などに広告を掲載したり、独自のネットワークなどを通じて購入希望者を探し、売却をするという方法になります。
購入者が現れ、実際に成約となった暁には、国土交通省が規定しているルール内での仲介手数料を不動産仲介業者に支払う必要が出てきます。
購入者が見つかり次第、売却をすることが出来るという売却方法ですが、大体の目安は、3ヶ月から半年ほどと言われています。
ただし、保有している不動産の状態や、選択した不動産業者の営業力などがなければ、いつまでも売却出来ない状態が続きます。

買取の主な流れ

買取は、仲介とは違い、不動産会社があなたが保有している物件のオーナーになるということです。
買取を選択する最大のメリットは、購入希望者を探す手間が省けるという点でしょう。
前述にある通り、仲介では、購入希望者が現れ、成約に至るまでの時間は、3ヶ月ないし半年くらいは掛かると言われています。
これでも売却までに至れば問題ないですが、不動産の状態や立地などによっては、魅力がないと思われ、いつまでも売却出来ないというケースも珍しくありません。
即現金が欲しいだとか、早く売りたいという方の場合には、買取が断然にオススメです。
2週間から1ヶ月という短期間で売却が可能です。
更にいえば、直接売買をすることになりますから、基本的には仲介手数料というものが発生することはないのも、大きなメリットと言えるでしょう。
インターネットや、専門誌などのメディアを使って、広告宣伝をする必要もありませんし、余計なコストが掛かりません。
ただし、手数料やこういったコストが掛からないため、仲介よりも買取を選択した方が売却価格は低くなると言われています。

なぜ買取の方が安くなるのか

gesre
仲介よりも、買取の価格の方が低くなってしまうのなら、仲介を選択した方がいいと結論付ける方も多いことでしょう。
しかしながら、不動産会社も、何もボランティアをしているわけではありません。
その不動産を購入し、それを転売するなどをして「利益」を挙げれなければ、意味がないのです。
だからこそ、その利益の分を考えて、買取価格の方が低くなる代わり、仲介手数料や広告費などのコストを一切取るようなことはしないのです。
更に、不動産会社は買取した不動産をそのまま何もせず、購入希望者に転売するわけではありません。
少しでも購入希望者が出てくるように、魅力的な不動産に作り変える必要があります。
そのため、自らコストを支払い、リフォームをして修繕箇所を綺麗にしたり、場合によっては、それよりもコストの掛かる建て替えを選択する場合だってあるのです。
こういったことをしても、買い主がいつまでも出てこないケースだってありえます。
そのリスクなどを抱えてしまう考えると、売却を希望している方に、有利な価格で購入することは考えられませんし、どうしてもリスクの少ない仲介よりも、買い叩かれてしまうわけです。

不動産売却・査定についてのご相談は?

不動産売却時の必要書類等の疑問なら・・・
不動産を売る人向けの一括見積りサイト|不動産売却査定君
「http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/」

更新情報

アーカイブ